真空管アンプ製作

真空管アンプの自作記事です

古いLUXKIT A3500 の修復(7)

古いLUXKIT A3500 の修復(7) 古いアンプは何が起こるかわからない! (6)で完成報告をしてこのブログの連載を終わりましたが、後日談です。 ほぼ毎日通電エージングをしながら試聴していました。もう良かろうと思っていた矢先のトラブル発生でした。 私のアン…

古いLUXKIT A3500 の修復(6)

古いLUXKIT A3500 の修復(6) スベトラーナ製EL34に取り替え 松下はベースが黒色 スベトラーナはベース茶色 出力管EL34のDCバランスを再調整を始める プレート電流の確認(+B電圧とOPTの両端電圧の差をおよそ8Vに合わせる) OPT一次側のB-P間の内部抵抗は約15…

古いLUXKIT A3500 の修復(5)

古いLUXKIT A3500 の修復(5) 通電デスト 配線間違いはなかったが、NFB抵抗のつけ間違いがあった。カラーコードの読み間違いのようすだが取り付け時に抵抗を取り違えたようだ 概ね通電チェックが進み、マニュアル記載の特性に近い値が確認できました 写真:通…

古いLUXKIT A3500 の修復(4)

古いLUXKIT A3500 の修復(4) 配線作業が最終段階に入ってきました。 昨日は日曜日でしたが、午後から頑張ってやりました、加齢とともに手が遅くなってあと少しというところに時間がかかります。 配線図をまとめました。プリアンプへの配線は省略したのでオリ…

古いLUXKIT A3500 の修復(3)

古いLUXKIT A3500 の修復(3) しばらく、寄り道をしていましたが、A3500の作業に戻ってきました。 写真:前回までに出来上がったところまで 先週末にCR部品を買い出しに大阪日本橋へ これから製作する予定のアンプに必要な抵抗類が10台分ほどあります 。 この…

古いLUXKIT A3500 の修復(2)

古いLUXKIT A3500 の修復(2) 写真:昨日(2/25)までできたところ 線を這わすところは9割方できました 写真:シャーシの両側に取っ手を付け このアンプには底板もカバーもついていないので両側に取っ手を取り付けて作業がしやすくなりました 写真:サブシャ…

古いLUXKIT A3500 の修復(1)

古いLUXKIT A3500 の修復(1) 今年に入って2台のA3500を修理する機会があり、このブログでも紹介しました 写真:先に修理した2台のアンプの内2台目のアンプ 実は私の手元にも10年ほど前にゲットした壊れたA3500が2台あります。 この機会に思い切って修理し…

LUXKIT A3500 修理 京都のオーディオ友から預かったA3500の修理記録をまとめて掲載します このアンプは某陶芸家師匠が、工房でお使いになっていたもの、届いたときは少し土埃が積もっていました。 「フューズが飛んだ」との故障内容 結果、修理内容は以下の…

21GY5(T) OTL の製作(20)

21GY5(T) OTL の製作(20) 作った絶縁トランスを使ってテスト中です。 ヒーターは非絶縁100Vから DC電源は絶縁トランスから供給してます。 絶縁トランスの唸りは、電源ON時に少しありますが、動作中は静かになります。 zorzo スピーカ で視聴 http://zorzo.co…

LUXKIT A3500 修理 このところLUXアンプの修理が続いています。 A3500アンプは発売された当時(昭和30年代後半?)から 6CA7プッシュプルアンプとしてあこがれたものです。その後数々の真空管アンプキットが発売されました。 私も昭和45年頃にやっと2台手に…

21GY5(T) OTL の製作(19)

21GY5(T) OTL の製作(19) 絶縁トランスの製作 昨日のチェック用デジタル電圧計と、このアンプに使う専用の絶縁トランスを製作します。 以前に買ってあったトロイダルコアトランス500VA型、 簡単なケースに入っているのでケースを加工して必要な部品を付けま…

21GY5(T) OTL の製作(18)

21GY5(T) OTL の製作(18) 監視メータの製作 写真:購入したDPM4個 下の写真は秋月電子通販のHPから借用しました このアンプは、起動時にDC漏れする恐れがあり、また動作中も電源電圧の変動によりDC漏れがあります。 様子を見ていると+-0.2V以内の変動ですの…

21GY5(T) OTL の製作(17)

21GY5(T) OTL の製作(17) 鉄心レスの素晴らしい響き!(自画自賛!です) 写真:トランスレスで動作中です 回路図: 正確でないかもしれませんので参考程度にしてください CR等の番号は抜けたりダブったりしていることがあります 回路図ー1:増幅部 使用球…

21GY5(T) OTL の製作(16)

21GY5(T) OTL の製作(16) 写真:オーディオルームで視聴 スピーカーはzorzo(16Ω)とFAL(8Ω) 写真:昨日と同じ百恵ちゃんビデオを拝聴、その他PC音源から 写真:工房に移して配線の整理と仕上げ 左右前に見える木柱は、ひっくり返して組立・調整するときに…

21GY5(T) OTL の製作(15)

21GY5(T) OTL の製作(15) 試聴・視聴 朝からアンプの調子を再確認して試聴しました 万一DC漏れがあるとスピーカをとばしてしまう恐れがありますので、テスト用の小型スピーカを用意しました。 最初は、工房でテストのつもりでしたが、調子いいので夜はオーデ…

21GY5(T) OTL の製作(14)

21GY5(T) OTL の製作(14) リレーソケットが入荷しましたので、L/R側に各1個計2個取り付け、ついでにタイマーをもう一個増やして安全を期しました。リレーはAC100V用の在庫品を2個使いました。AC100vリレーではノイズの心配がありますが、在庫品を活用します …

21GY5(T) OTL の製作(13)

21GY5(T) OTL の製作(13) 出力管21GY5のバイアス電圧の取り方の実験 出力のDC漏れをカットするリレーを取り付ける前に、回路的にDC漏れを少なくするバイアスのかけ方を検討しました。(細かなことかもしれませんが実験します) 何故このようなOTL-PTL方式に…

LXV-OT10 の製作(2

「EQカーブ調整型真空管フォノイコライザー LXV-OT-10」の視聴」 昨日に続き試聴しました。 比較するものがないと音が良いかは?は判断できないですが、 音の良し悪し比較が目的ではないのでこの音のみを聴いています 写真:窓から見える真空管の明かりがほ…

LXV-OT10 の製作

「EQカーブ調整型真空管フォノイコライザー LXV-OT-10」の製作 巷の愛好家の間で評判の高いこのキットを買って組み立てました。(定価18,000円税別) イコライザーカーブが可変なのが面白いところですね (固定概念が・・・!) 完成品基板がついています 30…

21GY5(T) OTL の製作(12)

21GY5(T) OTL の製作(12) (facebookからコピー) 電源投入時、スピーカー端子のDC漏れを監視してます。 最初はヒーターのみ点火 約30秒後に主電源ON、タイマーが働いて約90秒後にON、そこから出力電圧が0.1V以下になるのは約5分、 全体では10分ほどで安定する…

21GY5(T) OTL の製作(11)

21GY5(T) OTL の製作(11) 良好な結果が得られたので実験した部分を一旦解体、追加部品の準備と配置を検討し、部品を取り付けました。 写真:取り外したCHの跡にバイアス調整用10kΩVR LR4個を取り付け(コパルλ型パネル付け用) 写真:マイナス側リップルキャン…

21GY5(T) OTL の製作(10)

21GY5(T) OTL の製作(10) 朝から実験に取り掛かりました リップルキャンセル回路を追加し実験開始 マイナス側からはシャープにリップルを打ち消してくれるが、これではどうしても1.3mVを切れない。プラス側を追加すると、わずかだが1mV前後に低下する、がこ…

21GY5(T) OTL の製作(9)

21GY5(T) OTL の製作(9) リップルキャンセルの実験 CHを取り外し中央にあったケミコン2個を取り替え、配線を戻して通電テスト、改造前の状態まで戻りました 写真:電源のケミコンを交換して8200uF×4とした 写真:中央の2個のケミコンを取り替え、CH4個を取り…

21GY5(T) OTL の製作(8)

21GY5(T) OTL の製作(8) 一寸と途中経過を省略します 写真:最終テスト 写真:シャーシ裏 写真:最終の性能確認 LRとも順調に動作、調整した結果、概略特性は 周波数特性:320kHz-3db 最大出力:10W弱(片CH動作時) 負帰還:8db ノイズレベル:1mV Ip=5…

21GY5(T) OTL の製作(7)

21GY5(T) OTL の製作(7) 通電、確認作業に必要な測定器類 ➀ スライダック10A用 ②AC100V絶縁トランス: このアンプの場合はパワートランスレスのため絶縁トランスは必需品です、パワートランスを使う場合は無くてもよい 写真:自作品、 青いケースの中にカッ…

21GY5(T) OTL の製作(6)

21GY5(T) OTL の製作(6) 物語は一挙に飛んで、今年から本格的に残り作業を進めます 出力管「6/16/21GY5」規格 https://tubedata.jp/sheets/123/6/6GY5.pdf この状態から気合を入れて2021年1月1日にスタート! 1月中に完成を目指そう❣ 途中で回路変更したり部…

21GY5 OTL の製作(5)

21GY5(T) OTL の製作(5) という流れがあって、本題に入ります 記録を調べてみると、この「21GY5(T) OTL」の回路図は20180824付けで最初の原案案図面がスタートしています。また最初の写真は20180830日付になっています。丁度3年越しの宿題となっていました。…

21GY5 OTL の製作(4)

21GY5 OTL の製作(4) ⑯6080/6082 池田式低電圧ゼロバイアス方式OTL 通常電圧で使う選別漏れの球を使ったアンプ OTLには球の選別が不可欠ですが、選別外球はほとんど通常電圧では使いずらいが、+-24Vの低電圧ゼロバイアス方式では全く問題なく使えるからあ…

21GY5 OTL の製作(3)

21GY5 OTL の製作(3) ⑪2A3 SRPP OTL 直熱管、古い歴史をもつ2A3を-パラレルSRPPで製作、原型はスティーブンスOTL、出力インピーダンスが高いため大型マッチングトランス600:2/8/16Ωを使用している。最大出力は15Wだが、音は素晴らしい(自画自賛!) 球の…

21GY5 OTL の製作(2)

21GY5 OTL の製作(2) これまでに製作したOTLアンプの振り返り ⑥40KG6A(T) OTL: モノラルOTLを2CH組み込みましたので良く詰まっています、 回路型式は宮崎型、豪快ななりっぷりが印象的だった。このアンプはFB友のもとに嫁いでいます ⑦25HX5(P) OTL テクニ…