真空管アンプ製作

真空管アンプの自作記事です

★忘れないうちに投稿シリーズ★

この投稿は、ヤフーブログが閉鎖になり、投稿した記事の移行ができなかったため、過去の製作品を思い出しながら「はてなブログ」に投稿しています。

 

4P1Lパラレルシングルアンプ(4P1L pse)

ロシア製小型直熱ロクタル管

旧ソ連邦時代の軍用球で、発振や電力増幅用の高周波管。ロクタルベースの金属袴を履いたがっちりした造りです。

http://web1.kcn.jp/tube/4P1L.tube.data.html

 

以前からよく知られた「2A3」に比べると、@1kと格段に安価でしたので10本買いました。(CCI社)

f:id:arunas001:20200701232847j:plain


 

回路の簡単な説明

 

全段直結動作です。前段は「14GW8」の三極部で増幅、五極管部によるカソードフロアで「4P1L」を直結ドライブしています。(いわゆるパワー管ドライブ)

「14GW8」による初段と次段との間は少し正帰還がかかり、

出力段は「4P1L」を三結で使用、136Vの高いカソード電圧によるDC負帰還がかかって簡単な回路ですが安定に働いています。

OPTの関係でパラレルシングルにしました 。このOPTは京都のオーディオ友H氏の製作になるもので、いただいたものですが300B用ダブルカットコアの優秀なOPTです。

電源は「5AR4」で整流し直結回路の立がりを安全にしています。

整流出力にはCHを2段にして出口側には100uFのオイルコンを奢りました。 

「14GW8」と「4P1L」のヒーターはDC点火していますのでハムの心配はありません。 

直結回路方式は段間に結合コンデンサーを使いませんので、その影響を受けませんが、他のCR部品の影響が目立つようになります。そのため「4P1L」カソード抵抗はデール製を使っています。(写真の4P1Lの間に見える緑色キャップをかぶせた抵抗で、シャーシ貫通型10W3.75KΩです)

 

f:id:arunas001:20200701151936j:plain