真空管アンプ製作

真空管アンプの自作記事です

26HU5×8 80W/8Ω モノーラルOTLアンプの製作(2)

26HU5×8 80W/8Ω モノーラルOTLアンプの製作(2)

写真:製作調整中の1台、排熱効果を高めるためガラス筒を付けている

出力段8本、増幅段8本、計16本の真空管を使った

 

真空管OTLに使われるTV用大型水平偏向出力管の種類

TV用大型水平偏向出力管(最大プレート損失~40W)としては「26HU5,26LX6」「EL/PL509,6/40KG6A」「6LF6」「6/26/36LW6」「6/30/40KD6」「JJ-EL509S」

等がOTLによく使用され雑誌等にもしばしば発表されている。

この中で現行生産されているのは「JJ-EL509S」のみと思われるが、他は当時に生産されたものが市場に出回っている。国産球としては松下製「EL/PL509,6/40KG6A」と東芝/NEC製「6/30/40KD6」がある。

 

OTL用出力管についてはこのページを参照」

OTL Tube (asahi-net.or.jp)

 

26HU5の特性測定、測定器は「etracer」


26HU5(T)の特性例

 

TV水平偏向出力管「26HU5」について

「26HU5」は最大プレート損失33W、ヒータ電圧26VなのでAC100Vから点火に都合よく、ベースがUSソケットなので使い勝手が良い球で製作例も多い。

当方もこれまでに「26HU5」を使ったOTL製作としては

①フッターマン型26HU5×4×2 OTL-PTL

②宮崎型26HU5(T)×6×2 OTL

があるが、最大出力は30~40Wクラスであった。

 

写真:シャーシ穴あけ加工中

 

今回製作するのは最大出力80W /8Ωクラスの大出力OTLアンプで、26HU5を8本使うモノラルとするが、これまで製作したアンプから比較するとかなり難しいアンプとなりそうである。

したがって今回の設計製作にあたっては以下のことに留意した。

①モノーラル2台構成とする

②出力管26HU5の選別

③発振対策

④最大出力時の電圧降下を少なくする

⑤排熱対策

⑥メンテナンス性

⑦長時間使用の安定性

⑧常備の真空管や部品の活用

 

これらについて簡単に説明を加えると

①モノーラル2台構成とする。

1台のシャーシにステレオで組み込むと大きく重くなって製作が困難になる。しかもこのアンプは移動性・運搬性もよくする必要があり、樹脂製コンテナに入る寸法と重量にしなければならない。そのためモノーラル2台構成にし、シャーシの大きさは W:300 H:450 D:70 とする。

26HU5×8 モノーラルOTLアンプの製作(1)

26HU5×8 80W/8Ω モノーラルOTLアンプの製作(1)

はじめに

「醍醐LPレコードコンサート」に使用する出力80WクラスのOTLアンプを製作します。80WクラスOTLアンプは、これまで「6C33C×4×2 OTL-PTL」を製作し使っていました。特段の不都合はないのですが大型で絶縁トランスが必要なのと運搬や設置に不便さがありました。

一方使用するスピーカーにも進化があり3ウエイスピーカ―システムを4本使うことになり、そのために4台のモノラルOTLアンプでスピーカーを鳴らすことになりました。

同じモノラルOTLアンプを4台製作すればよいのですが、それは次の機会として、すでに製作済みの「6LF6×4モノラルOTL(フッターマンOTL-3型・出力60W/8Ω)」を2台使います。



前回の「第45回醍醐LPレコードコンサート」(写真上)では、その2台のモノラルOTLと1台のステレオOTLアンプを使い様子を確かめました。その結果に気をよくして、第46回は4台のモノラルOTLアンプと4台の3ウエイスピーカシステムで聴いていただけるようにと考えて現在製作進行中です。

 

第46回醍醐LPレコードコンサートについてはこのブログ内に掲載しています

ブログ記事編集 - はてなブログ (hatena.ne.jp)

 

写真:6LF6×4モノラルOTL フッターマンOTL-3(M)型・出力60W/8Ω)

このブログ内に記事があります

ブログ記事編集 - はてなブログ (hatena.ne.jp)



 

内容に一部変更があります

 

~レーザーターンテーブル真空管アンプで聴く~

 第46回醍醐LPレコードコンサート

2022年12月10日(土)に開催します。

コロナ禍がようやく下火になりつつありますが、感染対策をして実施しますのでご参加者のご協力をお願いします。

午前中の第一部は「自作品試聴会」、午後からの第二部は「醍醐LPレコ―ドコンサート」で恒例になりましたベートーヴェン第九交響曲DENON高音質盤で聴きます。

 

開催要領 

・日時:2022年12月10日(土)

・会場:京都市醍醐交流会館 第一、第二会議室

京都市伏見区醍醐高畑町30−1 パセオ・ダイゴロー西館2F南

地下鉄東西線醍醐駅下車・駅ビル内2階南側(地下駐車場あり)
電話:075-575-2580

https://www.daigo-koryu.jp

 

第1部「自作品試聴会」参加要領

・9~10時:搬入設置

・10~11時30分:自作品試聴会(持ち時間:お一人約15分)

・参加作品:自作品のアンプ、スピーカなど:4~5台

・申込:西河宛電子メールでお知らせください(Mail: dkadv007@kyoto.zaq.ne.jp)

・予定者数:約10名

・参加費:無料、試聴のみの参加歓迎です

 

第二部:「醍醐LPレコードコンサート」下記チラシをご覧ください

     (京都市醍醐交流会館共催)

・時間:13時受付開始、13時15分開演、16時終了予定

・使用機材:自作真空管アンプとスピーカ、エルプ社製レーザーターンテーブルなど

・鑑賞曲目:ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」

オトマール・スイトナー指揮、ベルリン・シュターツカペレ DENON高音質盤使用

・ナビゲーター:角岡 繁慶 氏

・参加申込:当日13時から先着順で50名受付しますので直接会場へお越しください。

・参加費:無料

醍醐LPレコードLPレコードコンサート世話人

代表 西河勝男 電話090-8888-5514

Mail: dkadv007@kyoto.zaq.ne.jp

 

 

 

16A8×8 真空管差動式ステレオアンプ

 このアンプは20221106開催「オーディオ・音楽クラブ名古屋」第20回発表会に参加するアンプの説明書です。

 



16A8×8 真空管差動式ステレオアンプ

 真空管差動式アンプには定電流素子やトランジスタなどの半導体素子を使うのが一般的で製作も簡単です。真空管党の私としては、それでは面白くないので真空管を使ってみようと考えて製作しました。

 三極五極管「8B8」(6BM8 のヒーター8V 管)pp を実験アンプとして改造し大変良い結果に感じオーディオ友に聞いてもらったところ、大変気に入って「作ってくれ」ということになり「8B8」と兄弟球「16A8」を使って2 台製作しました。

 実験機では電源トランスがプッシュプル用なので電流容量が不足でチンチンに熱くなるので新たに特注しました。

 

回路の簡単な説明(下図参照)

  • 上が増幅部、中が差動定電流部、下が電源部分。増幅部は差動型にした普通のプッシュプル回路で特に変わったところはありません。8 本同じ球を使って構成しました。
  • 初段は同じ三極管を使い真空管抵抗方式で、出力段は同じ 5 極管部分を使って定電流に引っ張りました、これは非常に定電流効果がありました。

電源部は正負の同じ電源を用意し、正側を増幅部に、負側を定電流部に使います。整流後にダンパー管をいれて電源の立上りを緩やかにしていますが、これは正負で都合 500V にもなるので球を保護するために使っています。

  • ステレオ構成で真空管を 10 本使った割には最大出力 3W と少ないですが、出てきた音はいかがでしょうか?

 

10月8日

~レーザーターンテーブル真空管アンプで聴く~ ♬

 

 

第45回醍醐LPレコードコンサート

10月8日(土)に開催します。

 

 

 

~レーザーターンテーブル真空管アンプで聴く~

 第45回醍醐LPレコードコンサート

 

10月8日(土)に開催します。

コロナ禍がようやく下火になりつつありますが、感染対策をして実施しますのでご参加者のご協力をお願いします。

 

開催要領 

・日時:令和4年10月8日(土)

・会場:京都市醍醐交流会館 会議室

京都市伏見区醍醐高畑町30−1 パセオ・ダイゴロー西館2F南

地下鉄東西線醍醐駅下車・駅ビル内2階南側(地下駐車場あり)
電話:075-575-2580

 

第1部「自作品試聴会」参加要領

・9~10時:搬入設置

・10~12時:自作品試聴会(持ち時間:お一人約15分)

・参加作品:自作品のアンプ、スピーカなど:4~5台

・申込:西河宛電子メールでお知らせください(Mail: dkadv007@kyoto.zaq.ne.jp)

・予定者数:約10名

・参加費:無料

 

第二部:「醍醐LPレコードコンサート」

京都市醍醐交流会館共催)

~下のチラシをご覧ください~

・時間:13時受付開始、13時15分開演、16時終了予定

・使用機材:自作真空管アンプとスピーカ、エルプ社製レーザーターンテーブル

・鑑賞曲目:懐かしの歌謡曲・演歌

(鑑賞予定曲目は下記チラシの2面をご覧ください)

・ナビゲーター:石井 氏

・参加申込:当日13時から先着順で50名受付しますので直接会場へお越しください。

・参加費:無料

 

醍醐LPレコードLPレコードコンサート世話人

代表 西河勝男 

Mail: dkadv007@kyoto.zaq.ne.jp

 

~第二部の案内です~